ゲットーワークアウト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ゲットーワークアウトとは、ストリートワークアウトのことです。

 

今から10年ほど前は、ゲットーワークアウトと言われていました。

 

「ゲットー」という言葉は良いニュアンスではないらしく、それで「ストリートワークアウト」と改められました。

 

自重トレーニングでも、十分にマッチョな身体を造ることが出来ます。

 

何も言わず、動画を見てください!

 

「24hour ghetto workout」

 

10年前にこの動画を見たときは、本当にびっくりしました。

 

自重トレーニングでここまで筋肉が付くのかと感動すら覚えました。

 

懸垂を中心に、ディップスや腕立て伏せもやってます。

 

ボディビルダーとも違う身体つきですし。

 

両方とも、自重トレーニングです。

 

それに加えて、少し危険なイメージがありますよね?

 

ゲットーワークアウトの「ゲットー」とは、ニューヨークの下町の、アフリカン・アメリカン(黒人)が居住している地域を指します。

 

現在ニューヨークもだいぶ治安が良くなってきたようですが、20~30年前は「治安の悪い街」というイメージでした。

 

特にニューヨークの下町。

 

そんなエリアにある公園で、行われているゲットーワークアウト!

 

ごつい体格のアフリカン・アメリカン(黒人)が、ケンカに負けないため?身体を鍛えている!

 

(すみません、私サイト管理人の勝手なイメージです)

 

と思わせる動画がこれ

 

なんかそんな雰囲気ですよね。

 

そういうイメージを意図的に出している感じもしますが。

 

BGMもそんな雰囲気を醸し出しています。

 

 

動画の後半の曲はこちら

 

しかし、実際は…

 

 

和気あいあいとやってます!

 

動画に映っている皆さん、

 

トレーニングを継続することにより、自信がついて、人に優しくなる。

 

と言わんばかりの穏やかな表情です。

 

筋トレをすると、優しくなる?にも書きましたが、トレーニングをしている人は優しい人が多いです。

 

トレーニングの究極の目的は、ここにあるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

囚人筋トレの実技(コンビクトコンディショニング・システム)

ポール・ウェイド氏著「プリズナートレーニング(原題コンビクトコンディショニング)」には、明確なトレーニング体系が定められています。 &…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.