スクワットで、脚は細くなるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スクワットで、脚は細くなるのでしょうか?

 

結論からいうと、ダンベルスクワットをすると細くなります。

 

最近は自重トレーニングにも興味があって、1ヶ月間自重トレーニングをやったりしています。

 

自分の身体で試行錯誤しているわけです。

 

どういう理屈かはわかりませんが、

 

自重のスクワットをを1ヶ月やったところ、脚(太腿)が太くなりました。

 

そして、再びダンベルスクワットをやったら太腿が引き締まって、スリムになりました!

 

ちなみに、5キロのダンベルを二つ持って、計10キロでダンベルスクワットやりました。

 

結論、ダンベルスクワットは、脚が引き締まります!

 

 

私サイト管理人の推測では、以下のとおりになります。

 

 

自重のスクワットでは負荷が軽くて消費カロリーが少ないので、たいして変わりません。

 

というか、もともと脂肪がついている脚に筋肉がつくので、かえって脚が太くなって見えてしまいます。

 

私サイト管理人(いい年をしたおじさん)は、若い頃に空手、日本拳法等の武道をやってまして、その頃は自重スクワットを500回×週2回をノルマとしていました。

 

現在の仕事はどちらかというと立ち仕事で、1日5時間くらい立ってます。週2回くらい自重でスクワットや腕立て伏せをやっていました。

 

ということで割と脚が太かったのですが、ダンベルスクワットを始めてたら脚に筋肉はついたのですが以前よりスリムなシルエットになり、引き締まってきました!

 

私サイト管理人は男性ですので別に脚が太くてもかまわないのですが、自重トレーニングとウェイトトレーニングの効果の違いを身をもって体験しました。

 

モデル、ブロガーとして人気のゆんころさんも、重いウェイトでトレーニングをして、スリムな体型を維持しています。

 

自重のスクワットで思うような効果がでなかった人は、試しにダンベルスクワットを行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

囚人筋トレの実技(コンビクトコンディショニング・システム)

ポール・ウェイド氏著「プリズナートレーニング(原題コンビクトコンディショニング)」には、明確なトレーニング体系が定められています。 &…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.