腕立て伏せが出来ない人は、ストレートアームプランク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「いきなりダンベルはちょっと…」「腕立て伏せもあんまり出来ないのに…」という方、筋トレ初心者の方は、ストレートアームプランクをやってみましょう。

 

プランクはお腹痩せのエクササイズとして有名ですが、両腕で身体を支えるわけですから、二の腕も鍛えることが出来ます。

 

プランクは腹筋背筋等の体幹だけでなく、大胸筋や上腕三頭筋・上腕二頭筋を含めた上半身の筋肉群を鍛えることが出来ます。

 

 

①腕立て伏せの開始の姿勢をとります。この姿勢で行うプランクを、ストレートアームプランクといいます。身体が一直線になるようにします。

 

②写真の女性のように、肘を少し曲げることがポイント。こうすることにより、大胸筋や上腕三頭筋・上腕二頭筋に負荷がかかります。

 

③この姿勢で、10~20秒間静止します。

 

 

ストレートアームプランクで、上半身の基礎的な筋力を鍛えましょう。

 

また、下の動画のように、腕や脚を色々な角度に動かすことにより、全身を鍛えることも可能です。

この中で気になるものが一つでもあれば、試しに行ってみるのもいいと思います。

 

 

おすすめのトレーニング法は…

 

自重トレーニング(腕立て伏せ、スクワット)+プランク

です。

 

まず腕立て伏せやスクワットをやったあと、プランクを行います。

 

勿論、プランクのみのトレーニングでも構いません。

 

ただ、プランクだけでは物足りないという人もいるかと思います。

 

そのような人は、

 

自重トレーニング(腕立て伏せ、スクワット)+プランク

 

がおすすめです。

 

 

家で手軽に出来るプランクは、おすすめのトレーニングです。

関連記事

ページ上部へ戻る