ダンベルダイエットにおける、適切な「重さ」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ダンベル ダイエット」で検索すると沢山のサイトにヒットします。

 

そして大抵のサイトには「ダンベルの重さは500g~1㎏でOK」と書かれています。

 

果たして、500グラムの重さのダンベルでトレーニングして、ダイエットの効果は出るのでしょうか?

 

 

例えば、スーパーで買い物をしたとします。

 

牛乳パック1ℓに加えて他に肉、野菜、卵等の食材を買えば、もう重さは1キロを超えますよ?

 

また通勤、通学に使っているバッグに500mlのお茶に本、書類が入っていれば、1キロを軽く超えてしまいます。

 

要するに、1キロは日常生活で使う重さということです。

 

確かにペットボトルに水を入れた500g~1㎏のダンベルはお金もかからないし手軽に出来ます。

 

しかし、これでは筋肉に負荷がかからないし、カロリーも消費せず、従って脂肪も減りません。

 

 

それでは何キロくらいの重さのダンベルがいいのでしょうか。

 

それは、やはりやや重いくらいのダンベル「何とか10回上げられる重さ」です。

 

女性であれば3キロ以上、男性は5キロ以上ではないでしょうか(あくまで目安です)。

 

よく「重いダンベルを使うとムキムキになるのでは…」と心配して敬遠する女性がいますが、3キロ程度のダンベルでトレーニングしてムキムキになることは絶対にありません!

 

SNS等で有名な、ゆんころさん超人女子で活躍するタレントの宮河マヤさんは重いバーベル、ダンベルでワークアウトしていますが、とてもスリムな体型です。

 

むしろ脂肪が燃焼してかつ、細い筋肉がつくのでスリムな体型になりますよ。

 

 

勿論、1キロのダンベルが悪いと言ってるわけではありません。

 

それで効果が出ている人もいらっしゃると思いますし。

 

ただ、軽いダンベルで効果が出なかった人は、発想の転換をしてもらって、やや重いダンベルを使って筋トレをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

美尻コンテスト Fitness Angel(フィットネスエンジェル)

2017年7月25日に東京ビッグサイトの会場で、Fitness Angel(フィットネスエンジェル)というコンテストが開催されました。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る