ダンベルをお薦めするわけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

筋トレと一口にいっても、様々なものがあります。

 

自宅で出来る筋トレとしては、腕立て伏せやスクワットなどの自重トレーニング、ゴムチューブを使うチューブトレーニング等があります。

 

しかし、何といってもお薦めは、ダンベルトレーニングです(あくまで当サイトが推奨する、やや重いダンベルを使用したトレーニングです)。

 

 

結論からいえば、ダンベルは消費カロリーが高いからです。

 

消費カロリー>摂取カロリーがダイエットの基本です。

 

ダンベルトレーニングは自重トレーニング、チューブトレーニングよりも消費カロリーが高いので高いダイエット効果が期待できます。

 

 

アメリカで流行して、日本にも上陸したスクワットチャレンジというものがあります。

 

1ヶ月間スクワットをやって、たった1ヶ月で美尻と引き締まったウエストが手に入る!というもので、実践された方もいるかと思います。

 

しかし期待していたような結果が出なかった人も多いのではないでしょうか。

 

自重で行うスクワットは負荷が足りないので、

・カロリーの消費量が少ない → 脂肪が消費されない

・負荷が小さいので筋肉が大きくならない → 代謝が上がらない

 

以上2点の理由により、脂肪が残ったまま筋肉が付いてしまい、「スクワットをやって、脚が太くなった」という結果になってしまいます!

 

 

逆にダンベルを用いてスクワットを行うと

・ダンベルスクワットを行うと、

カロリーの消費量が高い→脂肪が燃焼する→脚が引き締まる

・筋肉が付くことにより、脚のラインがきれいになる

という結果になります。

 

 

勿論、スクワットチャレンジで満足のいく結果を出されている方もいらっしゃるかと思います。

 

  • どちらがいい悪いと言ってるのではなく、スクワットチャレンジで思うような結果が出なかった人は、よろしければダンベルトレーニングを試してみてください。

 

関連記事

ピックアップ記事

囚人筋トレの実技(コンビクトコンディショニング・システム)

ポール・ウェイド氏著「プリズナートレーニング(原題コンビクトコンディショニング)」には、明確なトレーニング体系が定められています。 &…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る