ダンベルトレーニングの頻度について②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダンベルトレーニング、「1キロで毎日」やるのと、「5キロで週1回」やるのとでは、どっちが効果あるか?

 

というか、

 

どちらが継続させやすいか、

 

について、私サイト管理人の意見を述べてみたいと思います。

 

結論からいうと、断然「5キロで週1回」、です。

 

ちなみに「5キロで週1回」というのは、別に5キロでなくても、何キロでもいいです。

 

3キロでも、8キロでも。

 

要するに、自分にとって重いダンベルを使った場合、ということです。

 

さて、本題。

 

毎日継続するって、結構大変です。

 

それが、負荷が軽くても、です。

 

 

例えば、日記。

 

負荷?は軽いです。

 

ただ「毎日日記書くぞ!」って決めても、三日坊主で終わったりします。

 

三日坊主とまでいかなくても、1ヶ月過ぎたあたりで、忙しかったりして1日休んだとします。

 

とりあえず、翌日から日記書くことを再開します。

 

また何かで休む。

 

それが2日休み、3日休み…、

 

最終的には、やめちゃうことも往々にしてあると思います。

 

何がいいたいかというと、毎日継続するって、大変なんです!

 

それが、肉体的に負荷が軽くても。

 

 

次に、「5キロで週1回」はどうでしょうか。

 

こちらは、継続させやすいです。

 

何といっても、週1回ですし。

 

仕事が忙しくても、週1回なら、時間が作れると思います。

 

毎日だと気分の乗らない日もあると思うんですけど、

 

週1回なら、気分が乗った日が見つけられると思います。

 

たとえ負荷が重くても。

 

逆に少しくらい重い負荷で運動したほうが、気分転換になっていいですよ。

 

重すぎて「きつい、やりたくない」というくらいの負荷は重すぎです。

 

少し、軽くしましょう。

 

毎日やることは大変ですけど、週1回なら、気分転換になる、ってことです。

 

そして、継続することが出来れば、効果も出しやすいです。

 

効果がでれば、ますますやる気がでます。

 

好循環が生まれます。

 

私サイト管理人は、たとえ負荷が1キロでも、

 

毎日トレーニングを継続させる自信はありません。

 

週1回なら、継続させる自信があります。

 

ていうか、現在継続中です。

 

これからも、週1回楽しみながら、

 

ダンベルトレーニングを続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

囚人筋トレの実技(コンビクトコンディショニング・システム)

ポール・ウェイド氏著「プリズナートレーニング(原題コンビクトコンディショニング)」には、明確なトレーニング体系が定められています。 &…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る