かっこいい上半身を手に入れるダンベルフライ(床)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダンベルフライで、かっこいい上半身を手に入れましょう。大胸筋を鍛えるエクササイズですが、腕や肩、腹筋と、上半身全体を鍛えることができます。大胸筋を鍛えると、男性なら逞しい胸板、女性なら綺麗なバストライン手に入ります。

 

大胸筋は大きい筋肉なので、消費カロリーも多く、ダイエット効果が期待できます。

 

要するに、上半身の筋肉を鍛えながらカロリーを消費して脂肪を燃焼することができる理想的なトレーニングです。

 

「ダンベルフライは胸を鍛える種目なのに、腕や肩を鍛えられるの?」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かにダンベルフライは大胸筋を鍛える種目というイメージです。ダンベルを両手に持ってトレーニングします。なので、必然的に腕や肩を鍛えることになります。なので、大胸筋・腕-肩・腹筋と上半身の筋肉を総合的に鍛えることが出来ると言えます。

 

ただ、出来るだけ大胸筋に効かせるように意識することがポイントです。腕に力が入りすぎると、大胸筋への刺激が半減してしまいます。

 

またダンベルフライはお腹痩せにも効果があります。

 

実際に床に寝て肩甲骨を寄せて胸を張り、ダンベルを持たないでダンベルフライの動作を行ってみてください。お腹の肉がストレッチされているのが実感できると思います。お腹の肉がストレッチされることにより血行が良くなり、ダイエット効果が期待できます。

 

 

1.両手にダンベルを持って、図のように膝を立てて、床に寝ます

 

2.肩を後ろに引いて肩甲骨を寄せ、肘を少し曲げた状態でダンベルを両手の平が向き合うようにして胸の真上に構えます。

 

3.息を吸いながら両腕を横に下します。

 

4.ダンベルが胸の横まで下りて、肘が床に軽くついたら逆の動作で2の体勢に戻ります。

 

5.3~4を繰り返します。

 

効果的なやり方

 

ストレッチポールをベンチに代用する方法です。

ストレッチポールは普段この上に寝てストレッチに使えるので、いいと思います。

 

ダンベルフライがかっこいい上半身を作るのに有効なトレーニングであるということが理解していただけたかと思います。上半身の筋肉を鍛えてスタイルを良くしましょう。男性なら男らしい胸板、女性なら綺麗なバストラインを手に入れることができますよ。また、大胸筋は大きい筋肉なので消費カロリーが高く、ダイエット効果が期待できます。

 

 

 

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

写真集発売!藤田二コルのトレーニング

ViVi専属モデルであり、マルチに活躍する藤田ニコルさんのグラビア写真集『好きになるよ?』(講談社) 2020年2…

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.