囚人筋トレの実技(コンビクトコンディショニング・システム)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ポール・ウェイド氏著「プリズナートレーニング(原題コンビクトコンディショニング)」には、明確なトレーニング体系が定められています。これを「コンビクトコンディショニング・システム」といいます。

 

トレーニング種目は、スクワット、プッシュアップ(腕立て伏せ)、プルアップ(懸垂)、ハンドスタンドプッシュアップ(逆立ちして腕立て)、レッグレイズ(足上げ腹筋)、ブリッジの6種類。これをビッグ6といいます。

 

自重トレーニングで負荷を上げるには、回数を増やすことが一般的です。

 

しかし、筋持久力ではなく筋力と筋肉を獲得することを目的とするコンビクトコンディショニングでは、ビッグ6にはステップ1からステップ10というそれぞれ難易度の異なる10種類のエクササイズが用意されています。これを10ステップといいます。

 

例えばプッシュアップのステップ1は、ウォール・プッシュアップ。これは壁に手をついて行う腕立て伏せです。このようにステップ1は、体力に自信がない人でも取り組める種目が設定されています。

 

 

ステップ5は、フルプッシュアップ。これは通常のプッシュアップです。

 

 

最終ステップであるステップ10は、ワンアーム・プッシュアップ、片手腕立て伏せです。これがゴールになります。

10ステップは負荷が高い種目が設定されていて、普段トレーニングしている人でも容易に出来るものではありません。

 

とても明確に段階が定められています。武道に例えるとステップ1が白帯、ステップ10が黒帯に該当するでしょうか。

 

一歩づつ進めていけば、ゴールに近づいていく道標が示されています。

関連記事

ページ上部へ戻る