簡単な自重トレーニング(アイソメトリック)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

このサイト(ブログ)で人気の自重トレーニングの話です。

 

上のような写真、皆さんも見たことがあると思います。

 

これは、アイソメトリックという自重トレーニングです。

 

手のひらを合わせ、6秒間押し続けるという、至ってシンプルなメソッドです。

 

これ、意外と有効です。

 

筋肥大します!

 

上の写真は胸のトレーニングといわれています。

 

しかし、実際は胸をメインに鍛えつつ、腕、肩、腹筋鍛えることが出来るトレーニングです。

 

注意点としては

 

①胸を張った状態で立つ(猫背にならない)

 

これはどんなトレーニングにも当てはまるのですが、背筋を伸ばした姿勢でトレーニングを行わないと、

 

トレーニング効果は半減します。

 

少しだけ力を入れる!

 

これは、私サイト管理人独自のメソッドです。

 

一般的なアイソメトリックのやり方として「6秒間、全力で力をいれる」と言われています。

 

別にこれが間違ってると言いたいわけではありません。

 

このやり方で結果を出している人もいると思いますし。

 

でも、全力って!

 

本当に全力でやったら、ヘロヘロに疲れますよ!

 

精神的にも「もう二度とやりたくない!」

 

ていうくらい疲れます。

 

私サイト管理人のやり方は違います。

 

上の写真のトレーニングの場合、

 

全力の力加減を100%だとすると、

 

50%の力加減でOKです!

 

全力ではなく「少しだけ力を入れる」感じです。

 

ちゃんと筋肥大しますよ。

 

実際に上のトレーニングを50%の力でやってみて、どなたかに大胸筋を触ってもらってください。

 

50%の力加減でも、意外と筋肉が張っているのが分かると思います。

 

だから「6秒間、少しだけ力を入れる」でOKです!

 

あくまで私サイト管理人のやり方です。

 

またアイソメトリックは、時間がない人にも有効なメソッドです。

 

1回のトレーニング時間が、6秒!

 

なんです。

 

上半身、下半身、と全身をトレーニングしても、5分で終わってしまいます。

 

私サイト管理人は仕事が忙しくて、アイソメトリックだけやっていた時期があります。

 

アイソメトリックだけでも筋力は衰えないどころか、筋力アップしていると感じました。

 

忙しくて時間がない人に、アイソメトリックはおすすめの自重トレーニングです。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

囚人筋トレの実技(コンビクトコンディショニング・システム)

ポール・ウェイド氏著「プリズナートレーニング(原題コンビクトコンディショニング)」には、明確なトレーニング体系が定められています。 &…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.